コラム

キャビンアテンダントになるにはどんな採用試験を受けるのか知りたいなら【M'sエアラインスクール】へ~受験の対策におすすめのカリキュラムをご用意~

キャビンアテンダントになるにはどんな採用試験が待っているのか

キャビンアテンダントになるにはどんな採用試験が待っているのか

キャビンアテンダントなるにはどのような採用試験が待っているのか、少しだけご紹介いたします。まずは書類審査です。エントリーシートには上半身の写真だけではなく、全身写真の提出を求める会社も多いため、綺麗に写る立ち方などをしっかりと学ぶ必要があります。

その後一次試験が行われますが、こちらでは集団面接やグループディスカッションを行うことが多く、その人の雰囲気やチームワーク力が見られます。二次試験では個人面接やグループディスカッション、筆記適性試験、簡易身体検査などが行われ、第一印象を見られた一次試験とは違い、内面を見られます。英語面接や英語筆記試験なども行われるため、英語の勉強も欠かせません。

採用試験の内容は年々異なりますが、どんな試験であってもキャビンアテンダントになりたいという強い意志を持ち、モチベーションを高く持って試験に挑むことが大切です。

キャビンアテンダントになるには【M'sエアラインスクール】で受験の対策を~豊富なカリキュラムをご用意~

キャビンアテンダントになるには【M'sエアラインスクール】で受験の対策を~豊富なカリキュラムをご用意~

キャビンアテンダントになるには、しっかりと受験に向けて対策を取ることが大切です。実際にキャビンアテンダントとしてお客様と接することになった場合、自然と出てくる「笑顔」「声」「態度」などでこれから空の旅を楽しみにしているお客様に満足していただけるのかが決まるといってもいいと思います。

そのため、【M'sエアラインスクール】はベーシックコースの中にも「第一印象の重要性」を学ぶカリキュラムや「立ち居振る舞い」「コミュニケーション」についてのカリキュラムを組み込んでおります。また、採用試験受験の時も【M'sエアラインスクール】で学んでいただければ通常の個人面接のほか、グループ面接対策、英語面接対策、グループディスカッションの対策までしっかりとサポートいたします。

より密度の高い授業を希望する方にはマンツーマンがおすすめ

【M'sエアラインスクール】では私達の行動指針として最も重要な基本ルールとして「M's12か条」を掲げております。キャビンアテンダントを志す女性の人生の旅をナビゲートいたします。より密度の高い授業を希望する方にはマンツーマンをおすすめしておりますので、「キャビンアテンダントになるにはどんな勉強をすればいいの?」とお悩みの方は、お気軽にお問合せください。

お役立ちコラム

キャビンアテンダントになるには【M'sエアラインスクール】へ

学校名 M's Airline School
所在地 〒980-8485 宮城県仙台市青葉区中央1丁目2-3 仙台マークワン19階
TEL 022-208-9460
URL http://msairline.jp/